浜本国彦プロ

今まで生活する中で「メガネ」との付き合いは無かった僕。
フィッシングシーンでの偏光グラスは必須アイテムであるが故、
日中のゲームに置いて、ロッドの同じ程、大事なアイテムである事に違いは無かった。
しかし、ナイトゲームでは偏光レンズも必要が無く、比較的、視力の良かった僕にとっては、
「メガネ」の存在は意識の中に無かったアイテムだった。
そう・・・・「だった」のである。このナイトオレンジと出会うまでは。
何時までも若いと思っていても「年齢」と言うのは目に見えない所にも重なって来ているのである。
そう・・・「老眼」である。
数年前から多少「見えにく」と感じ始めていたものの、「メガネ」を掛ける程でも無いと、自分で極め込んでいたのである。
しかし、知り合いの薦めでこの「ナイトオレンジ」に出会い、その下部分に「シニアレンズ」を搭載して貰い「遠近両用」として貰ったのである。
そこに広がる「すっきり」した世界。正直、まだまだ視力は良いと思っていたのに、遠くまで「これ程!」と思う程、「はっきり」見えたのである。
そして、手元のぼやけも驚くほど解消され、僕のナイトゲームでの悩みは一気に解消されたのである。
ナイトオレンジの詳細はHPに記載されている細かい事を読んでみて頂くとして、
僕からの・・・「現場」からの率直な感想ははっきり「見える」その上「楽」である!!ということです。
メガネというアイテムに馴れは必要だろう。
でも、その「視界の良さ」ともう一つ上げるなら目の「保護」も含めて、「質」の良いレンズを搭載した「メガネ」を早めに掛ける事をお勧めする。
大好きな「釣り」という遊びを長く続けたいからこそ、自分なりに出来る事をして行きたい。
そして、その手助けをしてくれるアイテムと出会う事、これに尽きると思う。
そしてそう思わせてくれる「ナイトオレンジ」というアイテムだと思う。